融資までの流れ

お金を借りる前に、申込みをしてから融資されるまでの流れを
簡単に覚えておきましょう。
どのようにお金が手元にやってくるのか、不安解消になりますよ!

【1.申込み】

店頭、電話、ネット、FAXなど多彩な申込み方法から選べます。
※各会社によって申し込み方法は異なります。

WEB申込みは店頭へ出向く必要が無く、スムーズで短時間で
申込み完了しますよ!

【2.審査】

申込者の信用を得るため、金融機関が審査を行います。

申込用紙に嘘を記載しても審査でバレるので、申込み時は
本当の事を書きましょうね。

【3.契約】

契約は審査が通過した時点で行われます。

参考サイト
消費者金融の審査基準を把握して審査を通す!

一般的には契約書が郵送で送られ、必要事項記入や必要書類
添付で返送し、契約が成立します。

WEB完結の場合、全てネットとメールで終わらせてしまう会社もあります。

【4.融資】

正確には融資会社からカード発行され、融資という形になります。

即日融資の場合、指定した自分の口座に直接お金を振り込むなどが可能なので、
急いぎでお金が必要な場合、こちらを利用するとスムーズですよ!

キャッシングのメリット

キャッシングのメリットって何だと思いますか?ちょっとしたお金をすぐに借りることができると答える人が多いのではないでしょうか。キャッシングのメリットは多くの人が利用していることからも理解できるように、何はともあれ利便性が高いことにあります。保証人も担保も必要ありませんし、審査が通ればすぐに振込を完了させてくれます。

すぐにお金が欲しい人や、ちょっとだけお金を借りたいという人には最適です。家族や友人からお金を借りることは人間関係に良い影響を残念ながら与えることはありません。むしろ人間関係を崩壊させる可能性もあります。ですから、あまりお金の貸し借りを個人で行うことは難しいのです。

そこで、ビジネスライクとしてお金を貸してくれる場所があることはとても喜ばしいことでもあります。自分だけでお金を集めることもできますので、人間関係を崩すこともありません。キャッシングのメリットは利便性の高さと、周囲に迷惑をかけないという点があります。

カードローンと借り換え

キャッシングをしていると感じることがあります。それは、「今現在組んでいるローンよりも、カードローンのほうがお得だな」ということです。もし、このように感じるのであれば、借り換えローンを適用することが可能な企業もあります。

借り換えとは、現在組んでいるローンよりも、もっと内容が良く条件面でも良いローンが表れた段階でそのローンに乗り換えることを指します。これは手続きを最初からやり直さなければいけないのと同時に、審査が少し厳しくなるというデメリットがあります。ですが、金利面などで安い場合はトータルで支払う金額が安くなるというメリットがある関係で、明らかに改善が見られるのであれば借り換えは積極的にしたほうが良いとされています。それがカードローンでも出来る消費者金融などが登場していることで、最近人気となっています。実際には300万円以上の場合に、借り換えローンは実用的であると言われています。それ以下の場合は、状況により有利かどうかの判断が分かれていくのです。

自己破産すると借金を返済しなくて良いってホント?

自己破産とは、キャッシングを多くしすぎてしまい、返済をすることができなくなってしまった人に対して用いられる国が作った制度になります。これをすることにより、再び立ち直るチャンスを上げているのです。

この自己破産は一見良いように見えます。しかし、何もリスクがないわけではありません。もしも財産を持っている場合は全て没収されてしまいます。家や土地、車などは競売にかけられることになります。しかし、没収する財産がない場合は何も没収はされません。

家財道具なども没収されるということも言われていますが、それは有り得ません。必要最低限の生活が送れるようにはしてくれます。自己破産を申告した場合は、裁判所から返済能力が無いという判断を下されます。そうなれば、借金が帳消しになります。自己破産をした場合には、7年間は金融機関からお金を借りることができなくなりますので注意する必要があります。もし、お金を返すことがどうしてもできなくなった場合の候補として捉えておきましょう。

カードローンとフリーター

カードローンでキャッシングをする人が増えています。利便性が高いですし、自由度も高いということもあり、多くの人の間で浸透しています。しかし、当然のことながら誰でもお金を借りることができる訳ではありません。カードローンでも、審査を通過しなければキャッシングをすることはできません。そして、その審査の中では職業という点を最重要視している企業は多いのです。それだけ、この部分が信用問題に大きく関係してきています。

企業は、面談するわけではありません。与えられた資料を基にしてその人の輪郭を形成しなくてはいけません。そこで利用するのはどうしても職業などになります。その職業や勤めている場所によって、信用ができるかどうかを判断する場合が多いです。カードローンの審査において、フリーターという部分はとても信用されると判断するには程遠い存在になります。安定した収入が今後も保証されているとは判断できませんので、厳しい結果が待っていることになります。フリーターがお金を借りることは難しいのです。

審査の必要書類

キャッシングには、必ず審査というものがあります。 これはキャッシング業者からすれば、当然に貸したお金を利息を含めて、回収しなければなりません。 そこで。キャッシング業者としては貸した人(顧客)の身分を確認する目的で。

(1)運転免許証 (2)社会保険証

といった、その人が本人であることをきちんと確認、担保出来るような書類が必要不可欠となってきます。 尚最近では、社会保険証一点だと顔写真が掲載されていない関係で、本人確認が出来ないという理由から。運転免許証とセットで身分証明を求めてくる業者も少なくありません。 また社会保険証は、それ自体が勤務しているという証拠にもなりえますから、よりスムースな審査が期待出来るといえるでしょう。

勤務や収入の証明ということであれば、更に給料明細が必要になってくるケースもあります。 これは例えば専業主婦のように旦那さんのみが働いている場合、その収入の証明という事で求められるのです。 いずれにせよ、本人である事、収入があることがキャッシングの大前提になることを忘れないで下さい。